FC2ブログ
これで全てを語る。

カミュミロなのは一目瞭然。

20161027140353d90.png


憑り11

2016/10/26

何とか身支度を済ませ扉の前迄は来たが、ドアノブに手をかける寸の所でその手を止める。

(無理に外に出る必要も無いじゃないか…。
特に外出する用も無いんだ…。
何をするでも無く自室でのんびり過ごす…、そう言う日だって有る筈だ。彼奴等だってそんな時も有るだろう…。
今日1日顔を会わせて無いからって不審に思われる様な事も無いだろう?
そうだよ。何も無理に外に出なくても…。)

扉の前で踵を返し、落ち着こうと思い自分に甘い温かいココアを煎れテーブルに着く。

落ち着こうとしたのだが、両肘を机に付き自分の髪を両手で鷲掴む。
髪を鷲掴む手に力が入る。ギリギリと奥歯を噛み締める。

(ごめん…。
俺のせいだ…。
俺の拭い切れない想いのせいでカミュを世に引き留めてしまったんだ…。
カミュは…、
カミュは…、そんな俺の想いに応えてくれたんだ…。
だから…、だから、カミュは………。
自分の想いに、応えてくれる…。
カミュが、俺のカミュへの想いに応えてくれる…。
それが、どんなに嬉しい事か…。
本来なら…。

本来…なら…。

もっと、もっと早くに俺が、お前に、伝えていたならば………。

ごめん…。
ごめんな…、カミュ…。

俺のせいで、こんな、こんな…不自然な事になって、しまって…。

どうすれば、良い…?

カミュを引き留めて、引き留めてしまった事に気付いて、引き留めているのは不自然だからってカミュを………。

そんな勝手…、俺には、無理だ…。)

ミロに一口も口を付けられないまま、湯気を揺らめかせて温かいココアは冷めていった。
温もりあるものが冷たいものに惹かれた様に…。

その姿勢のまま、どれだけの時間が流れたのか?
辺りはすっかり宵闇へと変わっていた。

少しばかり躊躇はしたが、重くない瞼をしっかり開け、て朝方の足の重みも全く感じずに、寝室に向かい寝間着に着替える。

(今宵もまた…ならば、それは…、
それがカミュの俺の問いかけへの応えだ。
どうするかは、カミュの応えを聞いてからでも遅くはあるまい。)

ミロはベッドの上に仰向けに寝転がると、今はもういないであろうヒュプノスからの誘惑を待った。


書きたいシーンにどう持ち込むか、頭の中が書きたいシーンでいっぱいになってて、カミュミロ~(///∇///)グヘヘェ~ってなっております(///ω///)♪
一所懸命考えますんで、暫しお待ち下さいm(__)m

では、語らせて頂こうか( ̄ー ̄)

ご当人の方はお分かりになると思いますが、
前置きを省いて、「カミュムウってどんな内容よ?」の事なんですけどね。

直接カミュムウなんて普通思い浮かぶ様な事は無いんですけど、もう三年強前位になりますかね…
とあるミロさん総右側同年代の方と、話の流れからムウミロの考察になったんですよ。
で、あーだこーだと楽しくやり取りさせて頂いた訳でありますが、
何故そうなったかはまだ結論が出てませんが、お二人の間にそう言う秘め事が有る様になってからですね、
ムウ様はミロさんに言いました。
「カミュに打ち明けてもよろしいのですよ?貴方が言えると仰るのなら、
でも、そうなると、私はカミュに殺される事になるでしょうね…。
私闘、同族殺し…
カミュの手が汚れる事が平気なら、カミュの名が汚れる事が平気ならば、
カミュに言ってもよろしいのですよ?」
で、そんな事カミュさんにさせる事が出来ないミロさんはそのままムウ様とズルズル…
って事が昔有ってですな、
普通は思い付かないカミュムウですが、その流れのカミュさんとムウ様ならば、出来るんじゃない?カミュムウって思いまして( ・∇・)
ムウ様を殺すなんて事せずに、大事な大事なカミュさんのミロさんにやらかした事をそのままムウ様に云倍返しで抱き潰してしまえって
そんなカミュムウなら、普通は思い付かないけど私にもカミュムウ思い付けるって話。

勿論、事細かい事は何も考えておりませんが( ・∇・)(笑)


朝方は続き書く気満々なのにアレコレしてたらテンション下がっちゃうねぇ(>_<)

R18寄り入るから半端な気分よりノリノリで書きたいんですよねぇ( ´△`)

自分的には凄く書きたいヶ所書きたくて仕方ないんですけどねぇ(>_<)
そのヶ所にたどり着く迄がねぇ…(-_-;)


憑り10

2016/10/07

翌朝、目を覚ましたミロは、目覚めた姿勢のまま寝乱れた衣服も乱れきった髪も気にも留めず、時折瞬きをするも虚空を見つめる様な虚ろな目で、ピクリとも動かず横たわっていた。

その姿勢のままどれ位の時間が経ったのか…
時折シーツが擦れる音が鳴り、動く気配を見せる。
動く気配を見せるが、横たわる姿勢のまま非常に怠慢な動きでズルズルとベッドの端に移動する程度であった。

長い時間かけて移動したミロは、ゆっくりゆっくり足をずらしてベッドの下、床に爪先を着ける。
床に着いた爪先を非常にゆっくりとした動きで滑らし、次に膝を床に下ろす。

起きなければ…
動かなくては…
昨日迄と何も変わる事の無い平凡な日常を過ごさなくては…

そう思い、体を動かそうとするが、体が重い…
今迄経験した事も無い様な倦怠感が全身を襲う。
だが、その倦怠感は本当に体が怠いからか?内なる物の方の怠さなのか…?

一晩で酷く窶れた様な気持ちになる…。

重い体と心を引き摺って、熱いシャワーを浴びに行く。

鏡に写る自分の姿は…
代わり映えは無い。
周りの者も「少し疲れが出たか?」と、口にする者がいるかも知れない程だろう。
だが、それでも酷く窶れた様に見えるのは、己の内なる物のせいか…?
自分は虚空を通して見ているせいか…?

(大丈夫…。何も変わらない…。)

自分を鼓舞するも、所詮は偽りの鼓舞…。
指先が僅かに震える…。
震える指先を無理矢理抑え込む様に力を込めて拳を握る…。

こんな状態で…
もし、顔を会わせば…

力を込めて拳を握った腕を逆の手で力を込めて掴む。

(カノンと顔を会わすのが…、………恐ろしい………。)





その夜、眠りに着いたミロは、自分の体を何かが這いつ回る様な感覚に、深い眠りから浅い眠りへと意識が掬い上げられる。

覚醒はしていない僅かに夢現の狭間で、薄らぼんやりと、その這い回る動きの感覚を思う。

最も繊細な感覚を持つその部位、指の腹に与えられる刺激に、その自分の体を這い回る物の正体が己の手指で有ると知る。

その正体が自分の手指で有ると分かった途端に、薄らぼんやりした感覚から一気に頭も目も現に引き摺り上げられ覚醒した。

覚醒したミロは跳ね上がる様に上体を起こそうとしたが、体が言う事を聞かない。
まるで目に見えぬ力に押さえ付けられシーツに縫い付けられたかの様なままだ。

ミロは自分の理解を超える状況に目を大きく見開き、声も出ず口パクパクとさせる。

シーツに縫い付けられたままで、自分の意思ででは無く動く自分の手指が、己の体を這い回る感覚に余計に体が硬直する。
背中に冷たい汗が伝う…。

自分の意思で動かしている訳では無い己の手指が、自分が故意に触れた事も無い、自分以外の誰かに触れられた事の無い箇所を、今迄味わった事の無い感覚を植え付けて回る。

最早自分の物とは言えぬ己の手指が、ミロの体を撫で上げ、撫で下ろし、己の肉体で在りながら自分でも知らぬ感覚を与える。

理解を超える状況に陥ってはいるが、その手指の動きのせいか不思議と恐怖を感じる事は無い…。

自分の手指が己自身でも知らぬ感覚を覚える箇所を刺激して回り、声が出せぬ分鼻から抜ける空気が自分も聴いた事も無い様な音を漏らす。
開いた口の呼吸が荒くなる。
声が出せぬ代わりに時折「クッ…」や「ハァッ…」と言う声とは言えぬ音が、今迄自分でも聴いた事の無い音が漏れる…。

己の肉体を撫で回す手指が下へ下へと降下して行く事に焦りを覚えたが体の自由はきかず、自分の手指の思うがままにシーツに縫い付けられている事しか出来ず、己の芯に触れ撫で上げ撫で下ろす動きの刺激に、自分が動けるだけ動きを、自分の意思とは相反して自然に、勝手に動きを見せる。

シーツに縫い付けられた自由のきかない背中とシーツに挟まれたミロの豪奢な金の巻き髪は、自由がきかず間に挟まれ絡み合っていく…。

優しく刺激していた手指は芯を掴み取り激しい刺激を与えていく。
声が出ぬ代わりに荒く激しい呼吸を繰り返す音と、時折漏れる自分でも初めて耳にする声とは言えぬ音を漏らし、背中に挟まれた金の巻き髪はより一層絡み合う。

激しい刺激から解放され喩え様の無い快感と解放感が全身を駆け巡ったと同時に、ミロは現に留まる意識を手放した…。



憑り8

2016/10/05

一際冷たい空気が自分の周りにだけ動いている。

時折、一際冷たい、だが、とても穏やかな風が吹き抜ける事が有るとは思ってはいたが…
まさか…
…………
カミュ…
だったとは………な…

何故………
留まっている…
何故………
俺の周りに…

俺が引き留めてしまったんだとは思う…
思うが…
何故、留まっているんだ…?
それも、俺の、所に…

その答えを…、確かな物でも無い、もしかしたら等と言う推測や憶測で出すなんて…俺には出来ない…。

すまない…。
それ以外に、お前が留まっている理由なんて無いとは思う…。
もし、そうなら、俺は…
………
俺も…俺の想いも報われたと…

しかし…、このまま留まらす訳には…
それは、してはならん事だ…。

俺は…
どうすれば良い…?

自分の正直な想いと理性が攻めぎ合う…。
せめて、もっと、
もっと…
昔に、お前に…、伝わっていたの、ならば…な…。
そうならば…

………。
止そう。
もしもの話なんて、何も生み出さない…。
只の、俺の、理想と願望だ…
それも、
今ではどうしようも出来ない、過去の…。


続きまた滞ってましてすいませ~~~ん!!!

星矢好きさん仲良くしてくれてありがとうございま~~~す!!!

でもっっっ!!!

TLにミロカミュばっかり流すのもう止めて~~~!!!
悲しくなるの~~~!!!

昨日の皆様の会話!!!
「気になってた人いるんだけど、ミロカミュ地雷の人だった…」
「ミロカミュ地雷wwwwww」
うんぬんかんぬん
…………………………(´-ω-`)
ごめ~~~ん!!!
目の前?にいる私もカミュミロの逆駄目なの~~~!!!
忘れてる!?それとも知らない!?
プロフにちゃんと書いてあるでしょ~~~!!!
カミュミロ最愛って!!!
ハイパー蠍座右側って!!!

勿論他の方の趣味を否定するつもりは更々無い
更々無いけど、やっぱり見たくないものは見たくないなは正直な気持ち………

此処でガス抜きじゃい
此処ならきっと分かって下さる同士様が……


プロフィール

尾羽っSUN

Author:尾羽っSUN
オバハンが言いたいけど他で言えないって事をほざいてます。
主に腐話。主に聖闘士星矢。主に脳内妄想。
カミュミロが主のミロ受けがメインです。
他にはぶちまけたい愚痴とか、大好きなゲームの話題とかetc.

最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ