FC2ブログ

バルゴさんがお呼びです。

2015/04/27

「私からですか…。全く、牡羊座は何時も一番手で損な役回りですよ…ブツブツ。」

「さて…。はぁ…。
我が師シオン。貴鬼。行きたく無いですけど、シャカの元に向かわねばならないのです。行きたく無いですけど、シャカが何処に居るのか分からないのです。別に知りたくないですけど、お手上げなのでお二人のお知恵をお借りしたいのです。」

「我が弟子ムウよ。西へと向かうが良い。」

「分かりました。我が師シオンがそう仰るなら東へ向かう事にします。」

「いや、ムウ、西に………。」

「シオンがそんなに仰るなら東へ向かいますよ。」

「あのね、ムウちゃん?私はね、西にって………。」

「分かりましたってば。全く、我が師は己の我を通す事ばかり。東へ行きます。」

「ムウゥゥゥゥゥ~o(T□T)o」

「貴鬼はどう思いますか?(ニッコリ)」

「え…。えと…、ムウ様のお考えの様にするのが、良いんじゃないですか?(ムウ様怖いよ…)」

「牡羊座集めて相談して東に行く事にしましたよ。これでよろしいですか?我が師。」

「良くないよ!私を楽しませてって言っただろ!何で私が泣かされるはめになるのさ!」

「いやいや、ムウよ。ワシは面白かったぞ。流石じゃのぅ。」

「ありがとうございます。老師。」

「俺も面白かったぞ。」

「フフ。同感だね。楽しませてもらったよ。ムウ。」

次々と面白かったとムウを賛美する声が上がる。

「楽しめたと言う声が多い。おそらく、満場一致でしょう。合格ですね?我が師シオン。」

文句は言わせねぇぞ。と、言う迫力でシオンに問いかけるムウ。

「むぅ~~~。分かったよ!流石ムウだ。素晴らしくムウらしい牡羊座だった。コレデイインデショ?コレデ!フンッダ!
次~!アルデバラン、いってみよ!」

続く


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾羽っSUN

Author:尾羽っSUN
オバハンが言いたいけど他で言えないって事をほざいてます。
主に腐話。主に聖闘士星矢。主に脳内妄想。
カミュミロが主のミロ受けがメインです。
他にはぶちまけたい愚痴とか、大好きなゲームの話題とかetc.

最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ