FC2ブログ

バルゴさんがお呼びです。

2015/04/28

「お、俺の番か…。」

「うぅむ…。」

「よしっ!
見せようぞ!世紀末覇者の死に様を!」

「え?それって…。」と、言う囁きや呟き。周りがカイジの様にザワザワする。

「シャカに何か贈ろう。俺に後退は無い!あるのは前進勝利のみ!行くぞっ!」

マタドールも慌てて逃げ出す突進で野山を巨体が駆け回る。その後を皆がぞろぞろ着いて行く。

「む。一番星か。あれをシャカに贈ろうか。今や天の一番星を目指す俺の拳!とくと見せてやるわ!」

「あ~…、アルデバラン…。早く終わらしたくて仕方無いみたいだな…。全部世紀末覇者でいくみたい…。」

「何だと!?シャカは贈り物等望んでいないだと!?まさか…、俺が…、この俺が勘違いをした為に震えているだと!?
クッ…。このタウラスのアルデバラン、天に帰るに人の手は借りぬ。
ウワッハッハッハ!見事だ!俺の負けだ。他の者達よ、シャカの元に行くが良い。」

「ちょっ、ちょっ、ちょっ~!狡いよ!アルデバラン!私を楽しませてって言ったのに!笑い所無しにフル世紀末覇者の真似なんて~!」

「そんな事を言われましても…。いやぁ、面目無い。」

「しかも、ちょこちょこ十二宮編の台詞散りばめちゃって。大体ねぇ?アルデバラン!」

「確かに世紀末覇者の声に似てるけど!元祖世紀末覇者はのり巻きセンベさんだからね!間違えちゃ駄目だからね!なっ!二代目センベさん?」

「俺ですか?ハハハ。参りましたね。赤いバンダナ要ります?眉まるこちゃん。」

「誰が眉まるこちゃんだ!私が眉まるこちゃんならお前は私の父親か!?」

「全くぅ、もう…。次は期待してるからね!ねぇ?サッちゃん?」

「え…。(何だ?あの黒い微笑みは…。嫌な予感しかしない…。黒い微笑みの教皇と黒い私、どちらがより極悪だろうか?そう言えば、黒い私と昔のカノンはどちらの方がより極悪だったのだろう…?う~む…。)」

続く



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾羽っSUN

Author:尾羽っSUN
オバハンが言いたいけど他で言えないって事をほざいてます。
主に腐話。主に聖闘士星矢。主に脳内妄想。
カミュミロが主のミロ受けがメインです。
他にはぶちまけたい愚痴とか、大好きなゲームの話題とかetc.

最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ