FC2ブログ

小ネタ集

2015/05/28

ツッコミ不在のボケ大会。トーンダウン中。

お客様と氷河さんと一緒に客間を後にする。
この長い長い長~い廊下の角を曲がれば先輩に出会すかも知れない。そうなれば、もう後は無い。まるでローマの休日のアン王女の様な気持ちになる…。今しか、今しか無い!

「あ!あの!氷河さん!実はですね!以前からずっと気になっていたんですが!氷河さん!何時も水瓶座さんの事を………!」

「我が師カミュ!」

そう!その「『わがし』カミュ」って呼び方ですよ!「わがし」は「わが氏」ですよね?「『わが』さん」の事を「わが氏」と呼んで…って、あれ…?
あ、水瓶座さん…。
聞くタイミング逃してしまったか…。いや!まだまだ!此処で私が水瓶座さんに「Mr.わが」と呼び掛ければ全て判明、解決。流石、私。聡明な考えだ。和気藹々となってるお三方に斬り込むぞ!特攻隊長然り、だ!
よしっ!いくぞ!
大きく息を吸って~!スッー!!!

「ミッ…!!!」

「あ、そだ。此方が何で氷河がカミュの事を『我が師カミュ』って呼ぶのか訳を知りたいんだって。」

え…。そんなアッサリと…。私の先程の斬り込む決意が意味を成さないじゃないですか…。いやいや、これはまたと無いチャンス。ピンチをチャンスに変えろ!だ。ピンチにパンチ!フレッシュ!フレッシュ!フレッシュ!だ!
果報は寝て待て。棚から牡丹餅。こんな時でもついてる私はエリート故のラッキーマン。私が動かずとも向こうから転がり込んで来る。鴨が葱背負って、だ。飛んで火に入る、だ。

ツッコミ不在でツッコミた~い!その諺間違えてますよ~!

「そんな事気になってたんですか?俺が師の事を………。」

「待ちなさい、氷河。折角だから、聞くも涙、話すも涙の我々の美しい想い出話を聞かせてあげようでは無いか。」

「うわ…、出た。カミュのロマサガ吟遊詩人ばりの語り…。
はい。ご存知の方はロマサガ2の最初の酒場のシーンを思い浮かべて下さいね。」

「あれは…。まだ幼い氷河とアイザックを連れて、私が幼き頃に住んでいた木屋に向かっていた時だ…。
幼い氷河は汽車からの世界の車窓からの景色を楽しんでいたが、アイザックは都会を離れ北の大地での生活を不安に思い浮かない顔をしていた…。」

「え?何の話ですか?我が師カミュ…?」

「駅で汽車を降りてからは私の引く轌に幼い二人を乗せ、髪が紅い私はサンタさんの様だな、と、二人に話しかけるが、ミロが『轌を引くのはトナカイで、サンタさんは轌を引かないから。自分で轌引くサンタさんって、どんだけセルフサービスなサンタさんよ?』と、言う指摘を………。」

「は?何で、俺が北の大地に居る?」

「竃を作る為に幼い氷河とアイザックが石を沢山載せた猫車を二人で押す姿はとても愛らしかった…。」

「我が師…?」

「幼い二人がホッキョクギツネを見つけ、仲良くなりたいと『ルールルルルー』と呼ぶ姿や声は本当に愛らしく………。」

「お~い、カミュ~?もしも~し?」

「そんな愛らしい幼い二人が私の事を『我が師・我が師』と慕ってくれ…。私が、大きくなっても愛らしく思う二人に『我が師』と呼ばれるのは………。」

よ、呼ばれるのは…?(ゴクリ)

「お前~!!!何時迄油売ってんだぁ!!!今迄何処で何してたぁ!!!」

例の先輩が走って来た。お三方に「お騒がせしました。」と頭を下げ、私にアイアンクローを決め、私の頭及び顔面を掴んで引き摺ってその場を後にする。

何なんですかぁ!良い所だったのに!もう少しで長年の謎が解ける所だったのに!空気読めよ!だから、先輩は何時迄経ってもうだつが上がらないんですよ!もう少しエリートな私を見習ってですね!痛い!痛い!痛い!力込めないで下さいよ!
何で、何で謎が解けそうになると邪魔が入る!何なんだよ?「わがし」って!まるでズンドコベロンチョみたいじゃないか!私が知ろうとすればする程謎が遠ざかる!

「ミロ…、ちょっとお訊ねしますが、俺達の修行時代ってあんなでしたっけ?我が師が話してる内容が全く!俺の記憶に無いんですけど…。」

2015052500353593f.jpg

「ですよねぇ~…。」

「当たり前だ。飛行機の中で「北の国から」を視ていたから言いたくなったのだ。」

「何なんですか!その理由は!?機内で「北の国から」って、どんな航空会社利用してんですか!?」

終わり。



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾羽っSUN

Author:尾羽っSUN
オバハンが言いたいけど他で言えないって事をほざいてます。
主に腐話。主に聖闘士星矢。主に脳内妄想。
カミュミロが主のミロ受けがメインです。
他にはぶちまけたい愚痴とか、大好きなゲームの話題とかetc.

最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ