FC2ブログ

カミュミロ降臨りて来た。

2015/06/23

「え、えと~…、気持ち良く寝入ってたんですけどぉ。眠れない訳じゃないって言ってたんで、気持ち良く寝入ってても夜中に起きちゃうのかなぁ?って…。それでぇ~…。」

「そ~れ~でぇ~!?」

「それで~、魔宮薔薇の香気で心地好い眠りを~と…、何時もより多目に咲かしておりま~す。と…エヘヘェ…。」

「おめでとうございま~す!
…じゃ無いわ!何が心地好い眠りだ!魔宮薔薇の香気じゃ心地好く眠れても翌朝迎えられ無いだろうが!
こんな所に双子神の回し者がぁ~!皆の者~!出あえ!出あえ~!
あ!貴様等双子と思わせて、双子に化けた双子神だな!」

「シオン、落ち着け。」

「餅なんかついとらんわ!餅つきならカミュの聖衣にさせりゃ良いだろ!序でにカミュが必殺技撃つのはカミュが自動餅つき機DXだからじゃないからね!カミュコデラックスか!この野郎!
大丈夫だ。落ち着いておる。
結果、技の相乗効果、化学反応、混ぜるな危険!で、とんでも無い事態になっちゃったけど、三人共、ミロの事を思ってやったんだからねぇ。仲間思いの優しい子達を責められないでしょ。 」

「さて…、どうしたものかね…。
ところで、ミロちゃん。」

「え?は、はい?何です、か…?」

「何で、何時も居眠りぶっこく程夜寝れないのよ?…って、聞いても分かんないかぁ。覚えて無いんだもんねぇ。」

「悪い夢を見て目が覚めると、申しておりましたが…。」

「夢、ねぇ…。
ちょっとごめんねぇ。」

「え?な、何…!?」

シオンはミロの頭に手を起き空見する。

「はぁ、はぁ、はぁ。ほぉ、ほぉ。この辺りに記憶が詰まってるのねぇ。ふんふん。で。で。あ~、有った、有った。ミロが見てた夢の記憶…。ふんふん、ふんふん。へぇ…。はぁ…。えっ…。何ぃ!?はぁ~、何とまぁ。ありゃ~…。
童虎。これはアテナにお伺いを立てた方が良い。」

「何じゃ?」

「後で詳しく話す。
ミロ。」

「は、はい…。」

ミロはシオンに己が蠍座の聖闘士で有る事を聞く。
だが、アテナ・聖闘士・星の導き・黄金聖闘士、そんな事を聞かされてもミロには何一つ理解出来る物では無かった。

「分からぬか?」

「はい…。」

「ま、そうだよね。普通は理解の域を越えてる話だよ。」

シオンはアテナに今回の事で伺いを立てた。まだ、他の者達には話していない事を全て。
それを聞いたアテナは、小宇宙も解放出来ぬミロにとって、十二宮は、十二宮外であっても聖域での暮らしは無理が有ると判断した。今となっては黄金聖闘士の力が必要な程の有事など先ず起こらないであろう。だから、ミロは己の記憶が戻り、己の意志と意思で、己の足で戻る迄聖域を離れて生活する方が良いと。
そして、全てを聞いたアテナはまた、もし、カミュがミロに会えば、カミュが張り裂けんばかりの心痛を味わうかも知れぬと、辛い決断では有るが、平和となった今を生きる皆に必要以上の辛い想いをして欲しく無いとの達ての願いだともシオンに告げる。

アテナの願いを汲んだシオンは皆にアテナの決断とミロの記憶の断片に見た全てを話す。
皆、辛い決断だと思ったが、アテナの判断と何よりアテナの達ての願いと有らば聞き入れぬ訳にはいかなかった。

続く。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

夢の内容が気になりまする!!
エロい夢なのか、どうなのかっ!?
(;゚∀゚)=3ハァハァ
カミュが思い出してもらえる日はくるのか!?
……くるよね、カミュミロだもんね(*´∀`*)

何気にモブスキーな私は、水瓶座様よりクールなナースさんがお気に入りでした(笑)

続きを( ゚Д゚)

夢がすべての元凶なんでしょうか!?

双子は本当にミロさん絡みになるとハッスルですね(笑)
2人に挟まれてねんねとかほのぼの癒されます(*´ω`*)
ダブルで幻朧魔皇拳喰らって、魔宮薔薇喰らってミロさん身体的に大丈夫か!?ちょっと心配です。あれ?だから記憶喪失??それとも、夢のせい??

カミュさんが無事にミロさんと再会できるのか楽しみにしてます。
どれほどの衝撃を受けるのか考えるとドキドキですが、カミュさんですしね、なんかショック受けながらも黙々と対策を練るんでしょう。

プロフィール

尾羽っSUN

Author:尾羽っSUN
オバハンが言いたいけど他で言えないって事をほざいてます。
主に腐話。主に聖闘士星矢。主に脳内妄想。
カミュミロが主のミロ受けがメインです。
他にはぶちまけたい愚痴とか、大好きなゲームの話題とかetc.

最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ