FC2ブログ

カミュミロ降臨りて来た。

2015/06/24

「………そう言う訳だ。皆、カミュの気持ちを考えたら辛いだろうけど、皆なら出来るよね?善し悪し両方だったけど、今、此処に皆が揃って居る事が出来る様になる迄乗り越えてこれたんだから。頑固に長年見方を欺いて来たり、小僧共の事が気になっても中々本当の事伝え無かったり黒幕か!?みたいに目を光らしてみたり、伝えられ無くても我慢して海に行かずにお留守番してたり、血の涙を流す様な事も乗り越えて来たんだから!ね!」

「良い事言ってる様で嫌味ったらしい奴じゃのぅ…。」

「略私の事じゃないですか…。」

お前達なら出来る!と、言う鼓舞の様で古傷を男女男っている様にしか聞こえないのは何故か?

「あれ?ところで、ミロは?」

「ん?そう言えば、姿が見えんな…。」

「ちょっと~!お前達何やってんのよ!」

「教皇の話を真面目に聞いてたんじゃないですか!」

「そうだ!そうだ!」

「んも~!あの子小宇宙感じないからチョロチョロされても分からないってのに!全く、何時も勝手に出て行っちゃうんだから!聖戦辺りから何か性格変わっちゃったよね!え?声も?気のせいよ。」

「そこの保護者!ちゃんと見てないと駄目だろ!本当!保護者面していざっ!って時にこれじゃ駄目じゃん!止めろよ!お前何時か『止めはせん』とか言ってほったらかすんだろ!」

「なっ!わっ私がミロをほったらかす様な事が有る筈………。」

「ゴチャゴチャ言っとらんで、サガ!捜せ~!とっとと捜せ~!皆もほら!散った、散った~!」

「まぁ、今のミロの足じゃそう遠くには行けんじゃろう。」

「だからじゃん!あんなちょっと歩いただけで足腰ガタガタになるんだから、ちょっとふらついただけで足滑らしたりしたらどうすんのよ!十二宮や聖域って道の脇は断崖絶壁なんだからね!
お前、小僧のお姉さんの事忘れたの!?此処は聖域に辿り着く迄の周りよりずっと高所なんだからね!」

「むぅ~。迂闊だったわ…。」

「ムウは今、ジャミールだよ!居ない人に呼び掛けるとは、このボケろーじん!」

「お主に言われとう無いわ!」

この二人は何時も並走しながら口喧嘩してるのか?

シオンの危惧も意味なく、危惧した通りにフラフラの足取りで足を滑らせガラガラガラ~…。一生懸命岩に掴まるも、今のミロにファイト~!いっぱ~つ!が出来る訳も無く、それに、ファイト~!いっぱ~つ!は引き上げる相手も必要だから余計出来る訳も無く。哀れ、足から落ちるのに何故か顔面を出っ張った大岩で強打し、そのまま崖下へと真っ逆さま…。
…川流れて無いのかな?聖域の周りには…???


聖域から程近い村の村長さんが子供達にピクニック序でにお伽噺を聞かせてあげていると、

「するとぉ、川上からぁお~~きな桃が、どんぶらこぉどんぶらこぉと、流れて来ましたぁ。」

「あんな風に?」

「そうそう。あんな風に。…あれは桃と言うより林檎っぽいがの。
って!あわわ…!人じゃ!早よ助けんか!皆の者!」

「何て酷い怪我を…。だ、誰か!レスキュー911じゃ!早く!」

「村長!ここは圏外です!」

「何とっ! 仕方がないの!村迄誰か一走り行って救急車の手配を!
むっ!このドラ息子!何じゃ!そのみっともない髪型は!」

「俺はたった今から悪の仲間入りだ。悪の仲間入りをするなら先ず見た目からだ。悪と言えばモヒカン!ヒャッハー軍団の象徴、モヒカンだ!」

「嘆かわしい…。昔から力だけは強いお前は聖域にお勤めに行くも、井の中の蛙で周りに付いて行けず、雑兵になるもこの有り様…。情けないのぅ…。死んだ母さんに顔向け出来んわ…。」

「おふくろ生きてるだろうが!勝手に殺すな!
んおぉ~!!!よく見れば、この転がってるボロボロの奴!蠍座様じゃありませんか!ってんだ。一度お見かけ、本当の本当にチラッってだけどぉ、見た事有るもんね!エッヘン!
いきなり大将首に遭遇するとは幸先良いぜ!こんなボロボロなら殺れるかも知れない!黄金聖闘士の首を取ったとあっちゃあ、いきなり首領クラスだろ!出世街道間違い無し!いくぜっ!ヒャッハー!」

「止めろ~!!!」

ズルッ。ドタッ!ポス…。

勝手に足を滑らせ勝手にズッコケ、転んだ拍子に偶々拳がミロの顔面に…。しかも、音的にはポス…。程度の威力。
このドラ息子ヒャッハーは、拳骨を喰らい村長と一緒に駆け付けた救急車に付き添いとして乗り込み、大人しくちょこんと車内の隅っこに座って病院迄行きました。
後々、ミロが凶族に襲われたと言う話は、このモブのモビィこと高木モブーさんがヒャッハー軍団の中で尾ひれを付けて吹聴して回った為と思われます…。(モビィ?高木?)
だが、吹聴した内容に何処の病院かも含まれていたのは確かな事…。

続く。






関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾羽っSUN

Author:尾羽っSUN
オバハンが言いたいけど他で言えないって事をほざいてます。
主に腐話。主に聖闘士星矢。主に脳内妄想。
カミュミロが主のミロ受けがメインです。
他にはぶちまけたい愚痴とか、大好きなゲームの話題とかetc.

最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ