FC2ブログ

フライングHAPPY BIRTHDAY2

2015/08/11

次々行きましょうか。


(暫くこんな調子が続くのか…。)

誕生日の祝いと言われたが、笑ってはいけないみたいに不意に始まるセクハラトークが何時・何処で待ち構えているかと思うと、気が抜けない。何て誕生日だ…。と、肩を落とすアイオリア。
脱力感に思わずズルズル力が抜けて滑る様に机に突っ伏してしまう。

「痛っ…。」

机が一部ささくれていた様だ。滑らせた指に棘が刺さった。

「大変。」

ムウがアイオリアの小さな悲鳴に気付き、いち早く駆け付けてくれた。
ムウはアイオリアに近付き、アイオリアの耳元で、柔らかい口調で、あの!塩沢さんの魅惑的ボイスで!

「私が抜いて差し上げましょうか?」

囁く…。

「そのままでは、辛いでしょう?私が抜いてあげますよ。そのままだと、(傷口に膿が)溜まりますよ?溜まったら大変ですからね。私が優しく出してあげますから。私に身を任せて下さい。出して、楽になりましょうね。
さぁ、私に、直下立つソレ(棘の刺さった指)をさらけ出して下さい…。」

その魅惑的な囁き声に思わず硬直するアイオリア。

ムウがピンセットでスッと棘を抜く。

「抜けましたよ。
HAPPY BIRTHDAY、アイオリア。」

ムウは口角を上げた表情で、アイオリアに一言そう言うと、その場を離れる。

「………。」

(誕生日過ぎる迄毎日こんなのかよ…。身が持たないかも…。)

聞き慣れぬ福音に戸惑う毎日になるのかと思うと、誕生日が近いのに気が重くなるアイオリアだった。

続く。



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾羽っSUN

Author:尾羽っSUN
オバハンが言いたいけど他で言えないって事をほざいてます。
主に腐話。主に聖闘士星矢。主に脳内妄想。
カミュミロが主のミロ受けがメインです。
他にはぶちまけたい愚痴とか、大好きなゲームの話題とかetc.

最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ