FC2ブログ

小ネタ集?聖域高校の夕焼け番長達・改19

2015/08/18

「ちょっと!アンドー先生ってアンタか!?」

「そうですが。何かご用ですか?」

「実は斯斯然々なんだ!それから!リフィアって女子に………!」

「それは申し訳無かったですね。お詫びに、特別ですよ?私のノリノリなダンスと特技のイタコを披露しましょう。」

「はぁ?」

暴れるアンドー先生。何故かアイオリアもノリノリに応戦。ブレイクダンスか、アンタ等!

「あ、アイオリア。」

「楽しそうですね。」

「ワシ等も混ぜてもらおうかの。
………。
ムウ、お主、本当に、シオンの眉毛とソックリじゃのう!」

「嫌な事言わないで下さい。老師。」

「おっ、サガ。お主も来たのか。」

「破壊された展示室ばかりで、此処しか見る物が無いんですよ。」

「続きまして、特技のイタコ~。
破壊神を私に降ろしてみま~す♪」

「「「「え…。」」」」

カチッ!

サガが動かした足が何かボタンを踏んだ。

"デデ~ン♪サガ~!タイキック~!"

「え?」

流れる声にアンドー館長がサガの背後に移動。

「笑ってはいけない博物館24時間で~す。楽しんでくれましたかぁ?」

「い、何時の間にそんな企画に…、ぬおっ!」

「じゃあ、記念撮影でも如何ですか?」

「はい?」

「おっ!良いのう。
アイオリア。良い子じゃから、ちょっと三人で取らしてくれんかの?アタマナデナデ」

「はい。いきますよ~?ハイ、チー………。」

「待ちたまえ。」

ファインダーを覗くアンドー館長の目の前に急に降って湧いたシャカ。

「うわっ!…ビックリした…。」

「どうせなら、きちんとポーズを取った写真の方が良いのではないかね?」

「ふむ。そうですね。」

「ハイ!チーズ!」

の掛け声と共にしゃがみこみ、ファインダーから消えるシャカ。
しゃがみこんだシャカの背後にポージングした三人の姿。
ポーズは勿論、アテナ!ポーズ。

「館長。私は疲れた。あの、変わり種で寝袋を作ってくれたまえ。ミノムシ気分でグッスリ寝たいのだ。序でに、他の生徒達の元に運んでくれたまえ、運転手。容疑は貴方の生徒への暴行・傷害だ。
早くしたまえ。」

こうして、シャカもジュンサーさんのイケメンパラダイスに運ばれて行った。

続く???

無理から10話迄追い付かせました。
リア、滅茶苦茶空気!(>_<)すまん!!



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾羽っSUN

Author:尾羽っSUN
オバハンが言いたいけど他で言えないって事をほざいてます。
主に腐話。主に聖闘士星矢。主に脳内妄想。
カミュミロが主のミロ受けがメインです。
他にはぶちまけたい愚痴とか、大好きなゲームの話題とかetc.

最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ