FC2ブログ

夫と妻!?の事情???4

2015/11/14

遅ればせながら少々解説を…。
全てではありませんが、カミュさんが「解せぬ」と思っている事は私がプレイしながら「おかしいやないか~い」ってツッコミ入れてる事なんですね。
それから、ミロさんが「知らなかった」とか「ビックリした」事も私が思った事なんですよ。「屋敷表示」を見てなかったのも勿論私です。
最初はミロさんにも語ってもらおうかと思いましたが、ややこしくなりそうなんで、オールカミュさん語りでいく事にしました。
だから、カミュさんが家族の事を知らないのも私が知らなかったからです。後、画面外でNPCが何してるか分からないんで…。
では、続きを…。


新居で新婚生活を送る事になった我々が最初にする事と言えば、
当然初夜の営みに決まっている!!!
式を挙げたその夜、私は、恥じらう…
事もなく「子供欲しくない?」と、
ミロからお誘いを受けた。…ミロから…。
…………。
し、しかし、出鼻を挫かれようと、私とて待ちわびた事!当然!!!
「子供はまだいいよ」と誘いを断る。
ぐぬぅ~!!!解せぬ!!!
私は今!正にオーロラエクスキューションを放たんとばかりに、下の水瓶座が天を向き掲げられているのだぞ!
皆も思い浮かべてくれ!オーロラエクスキューションを放つ私の頭上に上げられ水瓶を象る両腕を!!私の下半身はあの水瓶を象る両腕状態なのだぞ!!!
残念そうな笑みを浮かべるミロに、私は、
一秒も経たぬ内にミロに「子供欲しくない?」とお誘いを…
解せぬ!
一秒も経たぬ内に自分から言い出すなら端からお誘いを受けんか!
私から言いたいと言う意地か!?
ばっかも~ん!!!
貴様の意地のせいでミロに一時とは言え悲しい想いをさせおってからに!私のミロを悲しませる様な奴にミロを任せてはおけん!私が自ら乗り込んで行ってやりたいわ!アナザーディ………
おっと…、いくら口調がサガの様になってしまったとは言え、サガの技を使える訳もない。私は誇り高き水と氷の魔術師水瓶座のカミュなのだからな。
ああ、今は水瓶座のカミュではなかったか。落ち着こう。クールになるのだ。

クールと言えばだな。ミロが義家族に突撃して発覚したのだが、私の父親の性格がクールなのだ。母親はポーカーフェイスだった。
なんとクールに徹した両親なのか。流石、水瓶座のカミュの両親だ。
そんな私の性格は
大雑把。
解せぬ…。
大雑把?クールとポーカーフェイスの両親の子供が大雑把?解せぬ。
大雑把なカミュなど存在するか!強いて言えばだな、
無頓着なカミュにしてくれ。
まぁ…、コヤツの名は本当はカミュではないから別に良いのだが…。
そろそろ、コヤツの役に徹しようか。
因みに、弟の性格は爽やかな性格なのだ。全く…、兄弟して両親の性格は何処に放って来たのか…。解せぬ…。

翌朝、ミロから妊娠したと報告を受けた。
マジかよ!!!
私が父親に!?嬉しさの余り別シュラの様になってしまったぞ!翌日に懐妊発覚なんておかしいだろう!?なんて宇宙の彼方に放って来てしまう位に喜ばしいぞ!
「体を大事にしてね」と、妻を気遣う私は
直後にミロをダンジョンに魔物討伐に行こうと誘う。
…解せぬぞ…。

ミロは移住者故に戦闘力が他の国民に比べ著しく低かった。
だが、婚前、普通のデート以外に魔物討伐に仲睦まじく出向いてばかりいた為にミロの成長は早い。
私が属する近衛騎兵や両親の属する職業の様な武術系職業の者に比べると低いが、一国民の中ではトップクラスである。
当然だろう。ミロのレベルでは突破不可能なダンジョンに誘いまくったからな。おかげで成長も早いし、レアな武器の作製素材も多々所持出来ていたからな。
ああ、言っておくが、無茶をさせてミロを危険な目に会わせた事は一度も無いぞ?私が戦闘開始直後に魔物を一撃死させていたからな。フフ。私は頼りになる恋人で在ったのだ。そして今は、頼りになる夫なのだ。
仲睦まじく出向く先が魔物討伐などおかしいだと?そんな事は無いぞ?ミロもこの方が性に合うと言っている。何せ、我々は
聖闘士だからな!!!
む。今は聖闘士ではなかったのであったな…。いかん、いかん。つい口癖でな…。

何やら今日のミロは沈みがちの様に見える。ラブラブ新婚さんだと言うのに。新しい命も宿してウキウキだと言うのに。
何?同じ日にこの国に着いた同じ宿で仲良くなった旅人がこの国から旅に出たからだと?そうか…。仲良くなった友が、この国で生まれ育った我々には分からぬが、同じ舟で同じ宿で…芽生えた友情だったのだな。うむ。悲しい事だな…。二度と会う事もないのだからな…。
この国を旅立った、ミロと仲良くなった二度とミロと会う事のない異邦人よ…。名は知らぬ故にカノンと呼ばせてもらおう。
ミロはこの国でこのカミュと生涯を伴にする事を選んだ。ミロはカノン(旅人のまま)よりカミュ(この国に落ち着く)を選んだのだ。カノンとやら(本名は知らんが)ミロの事は諦め良い旅をな…。
しかし…、カノンって誰だ?何故かこの名前が頭に浮かんだのだ。カノンなどと言う名の知り合いはおらぬのだがな?うむ。きっと何処かで別の何かで私の知らない何かしらの因縁有る人物の名前なのだろう。そう言う事にしておこう。

ミロは働き者だ。自ら志願しないとなれぬ故に、性に合った武術系の職業には就いていないが、日々の功労を認められ、農場管理者、一国民とは違う役職者になれたのだ。
ミロは土いじりによく精を出しているものな。それに、よく彷徨いている得体の知れぬモフモフの生き物を可愛がっておるからな。分かりやすく言えば外出中に犬猫を見かければ「可愛い~」と構いたがる人がいるだろう?あんな感じだ。生き物が好きなんだろう。生き物もミロが好きな様だ。勿論私もミロが大好きだ!知らぬ間に動物(からの)人気者になっている。うむ。動物達はよく分かっている。同じ趣味の者同士、一度酒を酌み交わしたいものだな。動物達と。
ん?私は本気だぞ?何かおかしい事を言ったか???
動物と相思相愛故に牧場仕事も楽しそうだ。毎日乳牛…ラダと言う種の牛だ。ホルスタインではない。ラダだ。マンティスなどと言うものはラダの続きに付かぬからな?
そのラダの世話も楽しそうだ。一頭のラダの乳搾りを始めると、他のラダ達がゾロゾロとミロの周りに自ら群がって来る。
ラダに囲まれもみくちゃにされておるではないか。ラダよ…一体何度出せば気が済むのだ!?何度も何度もミロに搾り出させるとは…。何度ミロに相手をさせれば気が済むのだ!?ミロが疲れているではないか…。
それでもミロは疲れた体に鞭を打ってラダの相手をする。
次はブラッシングか。あんなに立派な繋がり眉だ。嘸やとかし甲斐もあるであろう…。
ん?繋がり眉?ブラッシングに眉毛は関係無いであろう?大体繋がり眉って何だ?繋がった眉毛などそうそう見かける物ではないぞ?況してや牛の世話の話だ。牛と眉毛…しかも繋がり眉などと関係の無い…ん?何?アルデバラン?何の話だ?牡牛座の一等星がどうかしたのか?乳牛の世話と一等星に何の関係が?ふざけた事を言うのは寝惚けてるからではないのか?横っ面でも張ってやろうか?
目を覚ませ~!!!
毎日乳牛の世話をしているミロは終にラダの搾乳を100回1000回達成した様だ。ふむ。
「搾りすぎ」?
「ラダ枯れてない?」だと?
何だ…?ミロが乳牛の世話をしているだけなのに…。乳牛の種がラダなだけで何やら卑猥な気がするのは何故なのか?「ラダ枯れてない?」搾乳しただけなのに、何故かいかがわしい響きに感じるのは気のせいか?いかがわしい響きだがラダのミルクはイカの匂いなどせんからな。新鮮な搾りたての牛乳の匂いだ。
しかし…、これだけラダに囲まれてミルクを絞っておるのだ…。ミロは不本意ながら飛び散ったラダのミルクにまみれておるのであろうなぁ…。け…けしからん!いや…けしかる…いや、けしから…。
ちょっと冥界に行って来る…。
銀河の塵にしてくれる!って位凍りつかせてくれるわっ!!!

続く。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾羽っSUN

Author:尾羽っSUN
オバハンが言いたいけど他で言えないって事をほざいてます。
主に腐話。主に聖闘士星矢。主に脳内妄想。
カミュミロが主のミロ受けがメインです。
他にはぶちまけたい愚痴とか、大好きなゲームの話題とかetc.

最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ