FC2ブログ

夫と妻!?の事情???後日談

2015/11/28

あれからの我々の生活だが…、最後は駆け足でしょり過ぎたな。
第四子は第三子と同じく金髪碧眼の男の子だ。第三子同様仔ミロの様に成長してもらいたいものだ。

それで、あれからなのだが
シード権枠のミロと第一試合第二試合を勝ち抜いた私は対戦する事となったのだが…
ミロの第一試合の相手はこの王国のスピードキング、言わばこの王国で一番の速さを誇る私の同僚だ。
先手を取られ連続攻撃を受けるミロはギリギリHPが残ったおかげで、ミロのターン。ミロの攻撃をくらった者は倒されるのみ。それ程凄まじい攻撃力なのだ。我が愛しの妻は。今やソウルクィーンのミロはステータス数値の合計値がトップのウォーリアクィーンだからな…。強いんですよ、私のミロさん…。スピードだけは私の方がまだ高いが…。近衛騎士隊はスピードが売りだからな。うむ。
私とミロの試合は…。最早何も言うまい…。私も同僚と同じ運命だ…。
私の意思とは裏腹に、私と言う男は寝起き直ぐのミロとの会話が
「今日の試合は負けないからな。」
であった…。こっちこそ負けない。試合で決着つけましょう。と、言う様な言葉を返すミロ…。
ミロのあの様なプンプン顔は初めて見たぞ…。
しかし、それも仲睦まじい夫婦の戯れの会話である。その後何もなかった様に朝からイチャイチャといってきますといってらっしゃいのチューをして双方出かけたのだからな。
我が子達よ、驚いたか?大丈夫。お父さんとお母さんは夫婦喧嘩などせんからな。あれは只のおふざけだ。
公式戦が初めてのミロはあの様な選択肢が出る事を知らなかった様だ。
そんなミロも決勝戦、近衛騎士隊長の先攻ラッシュで倒されたのだ…。私が去年の決勝戦で敗れた相手だ。
僅かでもミロのHPが残らぬ猛攻で命拾いしたな騎士隊長。残っていたら…、最早何も言うまい…。
だが、そんな騎士隊長も龍神に還付なき迄に叩きのめされた。
しかし…
あの龍神を数度倒した今は亡き前竜騎士をも公式戦ではないと言えど圧勝したミロ…。
ステータス数値…全く解せぬ…。

解せぬと言えばだな。
温泉で逆上せたせいでキスを迫り、こんな所で何を言っていると嗜められるムービーがあるのだが…、いってきますといってらっしゃいだけではなく道すがら顔を会わす度にチュッチュカチュッチュカしている仲睦まじい我々が、嗜める・られる訳ないであろうと、いい加減にしろよあのムービー!と言う解せぬ事があるのだ。
何?道すがら顔を会わす度にチュッチュカチュッチュカしてる方がおかしい?
何を言うか!聖域でも他の黄金聖闘士達の目など気にもせずチュッチュカチュッチュカしているのが我々カミュとミロではないか!特に双子、特に弟の方の目の前でする事に意味が有る!!!

成長した第四子は残念ながら第三子と瓜二つの様にはならなかった。第三子と瓜二つな顔になる名前を付けたのに…惜しかったな…。
む?名前?それは秘密だ。
何?瓜二つな顔と言えば奴等しかいないだと?おかげで第三子の名前もバレただと?
何の事だ?
バレた?何だ?そのバレンタインをのび太化してみましたみたいな言い方は?バレ太君とラダえもんか?ならば差詰ジャイアンはアイアコスかミーノスだな。しずかちゃんはパンドラか?否、パンドラならラダ太君とバレえもんになるな。しかも、二人の仲を引き裂こうとする様な道具ばかり出す青狸だ。
話を戻そうか。第四子は成人したら祖父…様は私の父親の様な顔付きに成長するであろうと想像出来る顔付きだ。
今解せぬ想像した者が居ただろう!大丈夫だ!我が父が亡くなったのはミロが第三子を懐妊中の事だ!単なる隔世遺伝だ!
全く…下世話な想像をしたがる輩にも困ったものだな…ブツブツ

察しの良い方々だ。隠す必要も無いだろう。第三子の名前だが、金髪碧眼の赤子に、仔ミロの様な外見と分かる前の事だが、幸いにも原作は金髪だらけだからな。何方かの名前を頂こうと、やはり、カミュミロ以外の人物と言えば奴か?と、双子の兄の方の名前を付けた。付けたらだ、
この子は天与の才能が有りますね。と、赤子をとりあげるサンバさんの様な神官さんに言われたのだ。
ううむ…。流石双子座のサガ…。高々ゲームのキャラの名前でも只者では無い…。

そうして、年明けの新年。
第二子が成人式に出席するので母親のミロが立ち会った。
え?私はって?仕方なかろう!NPCはPCの様にキッチリ行動しないのだ!しかも私の性格は大雑把。几帳面な行動をとらないのだ!
成人式を迎えた者は幼児の外見から青年の外見に一新する。そして、成人した第二子にミロが話しかけ…
ミロが驚愕した!!!
ミロ曰く、
何、この子!!!滅茶苦茶超イケメンなんですけど!!!
流石、原作仔カミュそっくりな外見な幼児だった事はある。顔のパーツが整い過ぎだ!!!
でも、髪型が気に入らないわね。と、ミロが違う髪型を第二子に即し、断られなかったのでミロにサラサラ爽やかヘアーなイケメンにしてもらう。
うむ!親バカ込みな意見だが、王国一の美男子だ。
人各々好みはあるだろうが、黄金聖闘士で言えば、ああ、青銅の方が分かりやすいか。
星矢や瞬の様な可愛い感じのイケメンと氷河達の様な感じのイケメンがこの王国にはいる。第二子は氷河達の様な感じのイケメンだ。
私?私は…、そうだな。黄金聖闘士で言えばデスマスクの様な感じのイケメンだ。ムウの様な系統、サガや我々…今は我々と言わせてくれ…の様な系統ではないイケメンだな。うむ。
イケメンな息子に美形の血筋を絶やしたくないと第二子に可愛く成長した女性を宛がおうと、お見合いおばさんの様になっているミロ…。
ミロ…、いくら第二子家庭を美形血筋にしても貴女その家庭の子には引き継ぎ出来ないんですよ…?
しかし…
動くキャラを見ずに名前表示だけ見ればだな。紅の髪を持つ黄金聖闘士の名を貰った第二子を追いかけ回すミロは、
名前表示だけ見れば、
「カミュ~!カミュ~!」とカミュに付いて回る、カミュを捜しまくるミロの図
名前表示だけ見れば萌えるんですけど!!!
って!!!
カミュは私だろうが!カミュで在ってカミュでは無いが、カミュは私であろうが!
だが、ミロ。貴女、今年導師だけでなく議長にもなったんですよね?そんなカミュ…ではなく第二子を追いかけまわしてる暇あるんですか…?
ミロ自身も馬鹿馬鹿しいと…基、気が付いた様で、第二子が選んだ相手だ。どんな娘でも大事にしてあげなさいと第二子を追いかけまわすのを止めた様だ。

そう言えばだな。年明け。エルミロと呼びたくなる様な長女が婚約中になっていた…。
お父さんショ~ック!!!
エルミロの様な長女を娶とりたければ水瓶座のカミュと蠍座のミロを倒してからだと言ったであろうが!!!
む。長女の婚約者は一国民から農場管理者に取り立てられておるのか。
ふむ。中々に勤勉な青年の様だ。良かろう。許そう。
だが!私の可愛い娘を泣かした時は私が氷の棺に閉じ込めてやるからな!!!心しておけ。

第二子がこんなに超イケメンに成長したのだ。仔ミロそっくりな第三子の成長が楽しみだ。
しかしだ。ミロは焦っている。
第五子も男の子だったのだ。金髪に黒目な可愛い我が子だ。黒目も隔世遺伝なのだろうな。
第六子を妊娠出来るか否か、出来たとしても性別は産まれてみる迄分からぬ。生まれた時には第三子に引き継げる期間を越えてしまう。自身も熟年者となり第七子は望めぬだろうからな。
うむ…。今後、どうなる事か…。

そう言えばだな。隔世遺伝で思い出したのだが、新婚当時ミロは私の実家に突撃していたが、クールな父よりもポーカーフェイスな母の方が仲良くなりにくかったとミロが言っていたが、母の方がクールな父より仲良くなりにくかったのは、
これが世間で言う嫁姑の確執。嫁姑戦争と言う物であったのであろうか!?

私の実家と言えばだな。我が両親は揃って魔銃師会に属していた。成長した我が弟も魔銃兵となりミロの下で働いているが…。
今は亡くなっていないが、一家揃って魔銃師会の家庭で、何故に私だけ近衛騎士隊に入ったのか?
両親が好きにさせてくれたのか、私がアウトローだったのか、単なる反抗だったのか。何故にか…?
んん?待てよ…?
我が弟は両親が健在。父が導師であった時は一国民として過ごしていたのだがな?父が亡くなり別の人が、今は亡き前の竜騎士が導師であった時も一国民であった。
弟が魔銃師会に志願したのは私のミロが導師になってからではないか?
しかも、導師を尊敬しているのか、はたまた単に義姉だからか。やたらと付きまとっているが…。
うむ。兄弟ならば好みが似ていても…などと言っている場合ではない!!!
しかもだ、弟が魔銃師会に入って二年目、昨年辺りからミロに近付く弟の近くにかなりの割合で弟の嫁の姿が…。
ミロ曰く、その弟の嫁のいる確立の高さが何か怖いんですけど、と…。
こんなドロドロした様な仕様なのか!?
否…据え置きの方は不倫も可能だったぞ。万が一と言う場合も…。
そう言えばだな。私の属する近衛騎士隊に何年も志願し続けていたミロの友人が何年越しで入隊出来た時、私を応援する為に闘技場に来ていたミロに「今日試合だから応援してくれ。」と話しかけていたが、
待て、待て、待て、待て!今日試合なのは、その試合の試合相手は私だ!
今!お前が話しかけたミロの夫の私だ!!!
ミロ自身は「は?」に、ミロ得意の「は?」になっていたので問題ないが、油断も隙もないな。
勿論、其奴は徹底的に叩きのめしておいた。フッ。
この王国、夫婦になり子を設けても、昔の意中の相手、その後の意中の相手に近付く輩が多発している気がするぞ…。勿論、私やミロに関係の無い所でもだ。恐ろしい…。
そう言えばだな。ミロと私が交際中だった頃、ミロはモテクィーンになっていたが、ミロはモテた記憶なんて無いから「は?」になっていたが、それはミロが私しか見ていないから気が付かなかっただけではないのか?
その様な過去があるので侮れないのだ…。
私の考え過ぎだと?
馬鹿を言うな!一人考え過ぎて悶々としてこそ水瓶座のカミュ!!!キッパリ
現にミロの周りには常に双子が!特に弟の方が!付きまとっていたりするではないか!
後は私の弟子とか獅子座とか色々…。
水瓶座のカミュは何時でも悩みが尽きないのだ…。

続くか終わるか???


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

尾羽っSUN

Author:尾羽っSUN
オバハンが言いたいけど他で言えないって事をほざいてます。
主に腐話。主に聖闘士星矢。主に脳内妄想。
カミュミロが主のミロ受けがメインです。
他にはぶちまけたい愚痴とか、大好きなゲームの話題とかetc.

最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ